ライフスタイル

氷を食べる『氷食症』って放っておくとどうなる?身体に現れる5つの症状とは

こんにちは!かものはしです。

突然ですが、わたしは氷を食べることが大好きです。

お口に入れるとひんやりとして気持ちいいし、ボリボリと噛むと美味しさを感じます。

文字にするとめちゃめちゃ怪しいけど、これは『氷食症』というものです。

氷を食べてるだけでなのに、わたしの身体に現れる不調の連続。

それは具体的に言うと

  • めまいと立ちくらみ
  • 突然現れる熱っぽさや頭痛
  • 憂鬱な気持ち
  • 冷え性やむくみ、基礎代謝の低下
  • 集中力、記憶力の低下

などなど、本当にしんどかったです。

体調が悪くなったとき、氷を食べ続けたことをめちゃめちゃ後悔しました。

今美味しくボリボリしている方も、読み終わったときは「今すぐやめなきゃ!」と思うはず。

体験談を含めてご紹介します。

氷を食べるってどれくらいの量?

わたしが食べていた氷の量は、ピーク時で1日製氷皿5個分くらいになると思います。

450mlのコップを氷いっぱいにしてから飲み物を入れていました。

それがこちら。(氷が見辛くてすみません…)

もはや飲み物じゃなくて氷がメインw

冷蔵庫の製氷機では追い付かず、食べる用の製氷皿を100均で買って来て、なくなったらそこから出す。

信じられないくらいの氷を飲み物と一緒に食べていました。

氷を食べる→なくなる→すぐに氷を食べることを繰り返すため、飲み物はあっという間になくなります。

体が冷えてしまうのは分かっているけど、食べている間は冷えよりも「美味しい!」が勝つんですよね。不思議…

お水やお茶も美味しいのですが、カフェオレに入っている氷がめちゃめちゃ美味しい。

そんな生活をずっと続けていました。

かものはし
かものはし
ここまではいかなくても、製氷皿1個分だけでも氷食症だよ!

氷を食べることで起こる身体の不調

立ちくらみ・めまいなんて日常茶飯事

氷を食べたい!と思うこと…その時点で、貧血の可能性が高いということはご存知でしょうか?

体温を腋下と口腔内で比較したとき、口腔内が高いことから、口腔内を冷やすためではないかという説や、鉄欠乏により食嗜好が変わるという説があるが、未だ不明な点が多い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

とあるように、お口の中の温度が高いから冷やそうとして氷を食べてしまう。

実際にわたしも口の中が熱く感じることが多く、冷たい飲み物では満足できずに氷を食べていました。

貧血といえば疲れやすくなったり、寝付きにくくなったりと様々な症状が出ますが、わたしが一番出た症状は『立ちくらみ』です。

元々寝起きは良い方ではありませんでしたが、寝付きが悪くなっているからなのか朝の立ちくらみが酷かった。

あとわたしが感じたことは、『良性発作性頭位めまい症』が良く起こること。

朝起きるときの立ちくらみと比べられないくらいひどい、立ちくらみというか回転性のめまい。

回転している感じがするので、目が回ったような気持ちの悪さが出るようになります。

ちなみにこの症状で病院に行くと、めまいがどのタイミングで起こるのか検査をしなくてはならないので、色んな角度に頭を傾けます。

これがめちゃめちゃしんどい。気持ち悪いのに悪化させてくる。。

基本的には三半規管にある耳石の問題なので、元の位置に戻すためには安静ではなくとにかく動くこと。

これしかないと。

気持ち悪いけど”いつも通り”に過ごしている内に徐々に良くなっていきました。

熱がないのに熱みたいな症状が出る。そして憂鬱

氷を食べ続けるとどうなるか…体内が冷えてしまうのは想像に難くないですよね。

実際にわたしの平熱は35度台ですし、お腹を触ると常に冷えています。。

そんな状態で過ごしていると突然、頭痛や熱っぽさが。

あー…これは熱出たな…そう思って熱を測ってみると、表示された数字は『35.2℃』。

平熱が35度台のことを『低体温』と言いますが、低体温になると血行が悪くなるため頭痛を引き起こしてしまうのです。

またセロトニンが上手く生産されないということもあり、憂鬱な気持ちになってしまうことも。

実際わたしも頭痛に悩まされていて、ひどいときには憂鬱な気持ちから抜け出せず何も出来ないことがしばしば。

体はだるいし、頭は痛いし、ふらふらするし最悪としか言いようがない…。。 

そんな状態にならないためにも、氷は食べず体を冷やさないようにしましょう。

氷を食べるだけなのに太る。常に冷え性。

わたしは1年中冷え性に悩まされています。

寒い冬はもちろん、夏の暑い日でも手足は冷え切っています。

冷えにより体がむくみ、ふくらはぎは常にパンパン…

マッサージに行くといつも「え、これはひどいですね」と言われます。。

それは低体温からくる血行の悪さが原因。

むくみ予防に着圧ソックスを履いて寝ていますが、ここまでひどいと「履かないよりはマシ」のレベルにしかならないです。

血行が悪い状態では冷え性とむくみは改善されませんし、さらに基礎代謝も悪くなります。

ということは、氷を食べてるだけなのに自分で太りやすい体にしている!?

元は水なのに太るなんて…!!!

また基礎代謝が悪いと痩せにくいので、運動してもなかなか効果が出ない残念な状態になってしまいます。

あれ、最近集中力下がってきてる?

脳に十分な鉄分がいかなくなると、『集中力や記憶力の低下』を感じるようになります。

わたしは特に記憶力の低下が激しいと感じました。

話を聞いててもすぐに忘れてしまうし、買い物に行くと買おうと思っていたものがなんだったか…

まだアラサーなのに!そんなすぐに来るものなのか!?

ちょっとした物忘れならいいのですが、ここまで続くと…さすがに焦る。。

一方集中力の低下については、考えていたことがすぐにどこかへ旅立ってしまいます。

例を挙げると以下のような流れです。

  1. 記事どうしようかなー
  2. 考える…考える…あれ、全然頭が回らない
  3. 気付いたらぼーっとしてる
  4. 違うことをする
  5. 記事の話はしばらく戻ってこない

これが仕事中に起こるともう最悪な状態。

とにかくやるしかないと思って何とか出来ていましたが…かなりしんどかったなぁ。。

まとめ:悪い事しかないから今すぐやめよう!

どうですか?これでもまだ氷を食べ続けますか?

おさらいすると

  • めまいと立ちくらみ
  • 突然現れる熱っぽさや頭痛
  • 憂鬱な気持ち
  • 冷え性やむくみ、基礎代謝の低下
  • 集中力、記憶力の低下

いいことなんて1つもない!!!!!

お口の中がひんやりとするあの感じや、氷を噛むときのボリボリ感たまりませんよね。

わかります。とってもわかります。美味しい。

しかしそれと引き換えに、身体には良くないことが起こっていることに気付いてほしいです。

氷を食べているだけ』というのを軽くみないで、今すぐストップ!!!

わたしも少しずつ食べる量を減らして、体調も徐々に良くなってきました。

鉄分補給をしっかりと行い、体を温めて”冷えている身体”から脱出しましょう!