ゲーム

【あつ森】あつまれどうぶつの森はなぜ人気?プレイしてわかったゲームの魅力とは

最近よく聞く『あつ森』というワード。

Nintendo Switchのソフト『あつまれ どうぶつの森』のことを指しています。

テレビでも特集されていて、ゲームをやらない人でも見る機会が多いのではないでしょうか。

かものはし
かものはし
どうぶつの森シリーズは昔から人気があったけど、あつ森はどうしてこんなに人気が出たんだろう?

新型コロナウイルスの影響で外出自粛になっている現状、以下のことが出来ません。

  • 気軽に買い物ができない
  • 友人に会えない
  • おうちに遊びに行けない
  • 旅行ができない
  • 釣りが出来ない
  • レジャー施設に行けない

あつ森は『今まで気軽に出来ていたことが出来ない』もやもや感『今出来ないことが出来る』ワクワク感がピッタリと合ったから、より人気が出たんじゃないかと思います。

今回はどうぶつの森シリーズのファンである知人におすすめられ、いつの間にか150時間もプレイしていたわたしが、あつ森の魅力をたっぷりとご紹介します。

あつ森がは『今できないことが出来る』

あつ森は『コミュニケーションゲーム』というジャンルで、キャッチコピーは『何もないから、なんでもできる』。

そのキャッチコピーの通り、どこに自分の家を建てるか、どこに住人を住まわせるかなど、自分が「ここが良い!」「これが良い!」と決めて進めて行くことになります。

無人島の名前も自分自身のキャラクターにも好きな名前が付けられ、自分だけの島を作ることが出来るのも魅力の1つ。

島では以下のようなことが出来ます。

  • 家具や洋服を揃えるために買い物をする
  • 蝶や虫を網で捕まえたり、海と川、池で釣りが出来る
  • 地面に埋まっている化石を取り、鑑定してもらう
  • 捕まえたものは博物館に展示出来る
  • 自分の家に家具を置いて室内を充実させていく
  • 水上飛行機で自分の島とは別の島へ行ける
  • DIYレシピを覚えて家具や服を作る
  • キャラクターやフレンドとのコミュニケーション

かものはし
かものはし
何もないから出来ることがたくさん!

ざっと挙げただけでもこれだけやることがあるので、自由度がかなりあります。

またゲームの中にも現実世界と同じ時間が流れているので、朝になると明るくなるし、夕方になると夕焼け、夜は真っ暗に。

時間によって取れる虫、釣れる魚が違うのもやりこみ要素がありますね。

ゲーム内で出来ることを見てみると、外出自粛で出来ないことが出来る気がしませんか?

お店に行って買い物をしたり、旅行やレジャーなどおでかけして何かをすることが出来ない今、ゲームの中ではそれが出来る。

昔から人気のあるゲームでしたが、より人気が出たのはこういう要素もあるのでは?と感じました。

かものはし
かものはし
実際にわたしもやっている間はどこかにおでかけしている気分になります!

またあつ森は時間をかけて進めて行くゲームなので、おうち時間が増えてゲームをやる時間がたっぷりあることも挙げられますね。

品揃えが毎日変わるタヌキ商店とエイブルシスターズ

家具や洋服はDIYレシピを覚えれば自分で作ることが出来ますが、全ての家具・洋服を作ることは出来ません。

家具やお部屋関係はタヌキ商店、洋服関係はエイブルシスターズで購入でき、お部屋や島全体を充実させて島のレベルを上げていきます。

お店で販売しているものは日替わりなので、「今日は何が売ってるかな~」と毎日お店を覘くのも楽しいです。

またお店にも営業時間があり、閉店すると次の日にならないと買えないという点もリアルだなぁと思いました。

かものはし
かものはし
持っているものばかり売られているとテンション下がりますし、営業時間外しかゲームができないときは超ガッカリしますw
そこも面白要素!

釣れないものも釣れる魚釣りや虫取り

あつ森の世界でもお金は必要不可欠です。

そのために捕った魚や虫を売却して、お金(ベル)を手にする…この作業をひたすら繰り返します。

珍しいものだと高値で買い取ってくれるので、ベルを得るための労働…と言ってもいいかもしれませんw

釣れるものは金魚やおたまじゃくしのような小さいものから、リュウグウノツカイのような大物まで。

リュウグウノツカイを釣る機会なんて絶対にないので、ゲーム内とはいえそれを実現できるのは良いですね!

レールを巻き上げるときにコントローラーが振動し、その強さが魚の種類によって変わるので、釣りをしているような気分になります。

かものはし
かものはし
大物だと、コントローラーが壊れるんじゃないか!?って思うくらい振動しますwめちゃめちゃ楽しいですw

虫取りに関しては、虫が苦手な人でも楽しめると思います。

ただ結構リアルに再現されているので、慣れるまではビックリするかもしれません。

わたしも苦手なので、最初はビクビクしながらやってましたw(特に夜)

このままやってたら虫に強くなるかもしれない!

おでかけ出来なくても行けるあつ森博物館

島には博物館があり、捕獲した虫や魚を博物館に寄贈することで展示物を増やすことが出来ます。

実際に水族館や植物園に行っているような気分になる、この博物館のクオリティが本当に凄い。

展示の仕方とかイスの置き方とか、細部まで作りこまれてて何度も見に行っても飽きません。

展示物が増えていくのも楽しいし、見ているだけで癒される空間。

かものはし
かものはし
個人的に水族館が大好きなので、休館している今、毎日水族館に行けるのが嬉しい!

館長のフータさんが寄贈したもののプチ情報を教えてくれるのも、「へぇ~」と思うことがあり勉強になりますw

あつ森で離島へ!水上飛行機に乗ってフライト

あつ森の世界にはベルの他に条件を達成すると獲得できる”マイル”というものがあります。

このマイルを使って色んなものと交換できるのですが、この中にあるのが『マイルりょこうけん』。

これを使うと、自分の島にはない果物や花、竹などがある島に行くことが出来ます。

どの島かはランダムなのでワクワク感が楽しめますし、島にある空港から出発するので旅行気分を味わえます。

また離島に行くと家具やDIYレシピが手に入ることがあるので、マイルを貯めて離島に行くのも島の生活を充実させるポイントです。

かものはし
かものはし
どっちも手に入らないときのガッカリ感は半端ない。。
それも含めて楽しもう♪

フレンドの島に遊びに行けちゃう

インターネットにつなぎNintendo Switch Online(月306円)に加入していれば、他のユーザーの島に遊びに行くことが可能。

他ユーザーの島にもタヌキ商店やエイブルシスターズがあるので、自分の島と違うものが販売されていたり、自分の島にはいないキャラクターとの会話が出来ます。

もちろんフレンドともチャットで会話出来ますし、ジェスチャーで笑ったり泣いたり困ったり出来るので、文字だけよりも感情が伝わります。

この点はコミュニケーションゲームというだけあるなぁと思いました。

チャット機能もいいのですが、わたしはフレンドと通話をしながら家具の交換をしたり、釣りをしたりして楽しんでいます。

かものはし
かものはし
フレンドのお家に行って、ソファーに座りながらしゃべったりw
より会って話している気分になるのでおすすめです!

まとめ:おうちで出かけたり会った気分になれる♪

あつ森は今できないことが出来る世界です。

  • 友人に会える!おうちに遊びに行ける!
  • キャラクターを使ってコミュニケーションが取れる!
  • 買い物が出来る!
  • 旅行も釣りも出来る!
  • 博物館に行ける!

またあつ森はじっくりと進めていくゲームなので、おうち時間が増えている今にピッタリ。

かものはし
かものはし
家具が増えてくると自分の部屋にどう置こうか悩み、結構時間が過ぎていた…なんてことは良くあることですw

今回まとめたこと以外にも、株のように日によって売却価格が変わる”カブ”や、ATMで自宅のローンを返済したりと結構リアルなゲームです。

ゲームの中で、今できない生活を始めてみましょう♪